1. TOP
  2. ベッドルームをシックな上質のインテリアに。【クッションシートフォームタイル】の活用術をご紹介

ベッドルームをシックな上質のインテリアに。【クッションシートフォームタイル】の活用術をご紹介

クッションシート フォームタイル

お部屋に高級感と上品さを演出してくれると今注目を集めているのがクッションシートです。

【クッションシート フォームタイル】は、壁や天井などに貼るだけでお部屋のアレンジが楽しめるタイル状のクッションシート。

見た目は本物の石材のようなタイル状のシートですが、実はポリエチレン製なので、触るとふわふわの柔らかい触り心地なんです。

大きさは約58cm×28cmなので、広いスペースにそのまま貼って簡単にタイル・石目風の壁アレンジが楽しめます。(サイズはデザインによって異なります)

厚みは約1cmあり、適度な厚みがリアルな石材の風合いを再現しています。

軽くて厚みのあるクッション素材の【クッションシート フォームタイル】は、ホルムアルデヒドなどの有害物質の検査基準をクリアしており、無臭なので小さいお子さんやペットがいるご家庭でも使うことが出来ます。

壁の装飾としてだけでなく、クッション材として使うことも出来るので、子供さんやペットが走り回って壁にぶつかってしまったりした時の衝撃を抑えるクッションとして安全のために壁や家具に貼ったり、なんていう使い方も出来ちゃいます。

吸音効果があるので、子供部屋や楽器を演奏するお部屋の壁に貼る人も増えています。

【クッションシート フォームタイル】は、粘着剤付きのシール状になっているので、シール台紙を剥がせばそのまま壁や天井に貼ることが出来ます。

断熱性にも優れており、夏場は外気からの熱を遮断、冬は外に暖かさを逃さないので、エアコンの運転効率が良く、温度差によって発生する結露などを防ぐ効果も兼ね備えています。

柔らかいクッション素材なのではさみやカッターでカット出来ます

柔らかいふんわりしたクッション素材のフォームタイルは、カットもとても簡単。

ハサミかカッターで簡単にカットすることが出来るので、使いたいサイズに合わせてカットして、ちょっとしたスペースのアレンジにも取り入れられるのも、人気のヒミツです。

シンプルなスペースにもう少し何かプラスしたい、そんな時に【クッションシート フォームタイル】をプラスすると、ぐっと雰囲気のあるシックなスペースに大変身!

何も装飾を施していないシンプルなインターホンまわり。

このままでもきれいですが、ちょっと殺風景な雰囲気もしますよね。

そこでインターホンのまわりに【クッションシート フォームタイル】を貼ってみました。

壁紙と同じホワイトのカラーのものをセレクトしましたが、それでもぐっとセンスアップして、シックな雰囲気に変身!

インターホンの大きさに合わせてカッターなどでインターホン部分をくり抜いて、ぴったりとスペースに収まっていて仕上がりも美しいですね♪

インテリアに合わせて豊富な6種類のデザインが揃っています

【クッションシート フォームタイル】は現在6種類のデザインが揃っています。

シンプルなホワイトインテリアにもピッタリなモザイクとウエーブは、風合いのある石材風の質感。

インテリアのちょっとしたアクセントにもなるので、インテリアのテイストを問わず取り入れやすいデザインです。

モザイクは平面と朽ちたような石材風のタイルが交互に組み合わさったデザイン。

スタンダードなデザインながら上品さを感じさせてくれます。

ウエーブは丸みを帯びた石材風のタイルが縦横と並んだユニークなデザイン。

クッションシートとは思えないリアルなタイルの風合いが特徴です。

また、大理石のようなシックな質感がデザインされたものも揃っています。

マーブルブラックは、ホワイトとブラックの石目風デザインが落ち着いたシックな雰囲気を演出してくれます。

一見硬さのある本物の石のような質感ですが、触ると柔らかさがあるのが驚きですね。

マーブルベージュは、マーブルブラックと違って明るめのトーンで、お部屋の中を明るく演出してくれます。

ホワイトとベージュが程よくマーブル上にミックスされたデザインがとてもきれいですね。

ソリッドホワイトは、真っ白なシンプルなデザインで、スタイリッシュなインテリアにぴったり。

滑らかな表面の質感がお部屋を都会的にオシャレに演出してくれます。

マーブルホワイトは高級感のあるデザインで、お部屋のインテリアに取り入れるとぐっとグレードがアップ。

海外のインテリアのような落ち着きのある上品さをプラスしてくれます。

このように6種類のデザインが揃っている【クッションシート フォームタイル】。

クッションシートがタイルのように配置されているので、そのまま貼っても、カットして数種類の【クッションシート フォームタイル】を組み合わせて貼ることも出来ます。

違うカラーのマーブルデザインの【クッションシート フォームタイル】を組み合わせて。

明るめの【クッションシート フォームタイル】をベースに、暗めの【クッションシート フォームタイル】をところどころプラスすると、上品さのあるお部屋に変身しますね。

シックなインテリアづくりにはとってもオススメです♪

活用術をご紹介!【クッションシート フォームタイル】で作る上質なベッドルーム

リアルな石材の質感と立体感を再現し、シックなインテリアを演出する【クッションシート フォームタイル】。

落ち着いた大人のインテリアにもぴったりですね。

【クッションシート フォームタイル】を取り入れたインテリアアレンジで特に人気なのが、ベッドルームのインテリアアレンジです。

ベッドルームと言えば、一日の疲れを癒すリラックススペース。

ゆっくりと身体を休めたり、好きなことをして時間を過ごすためのスペースは、こだわりいっぱいのスペースにしたいですよね。

そんなベッドルームのインテリアアレンジにぜひ【クッションシート フォームタイル】を取り入れて、上質なベッドルーム作りをしませんか?

【クッションシート フォームタイル】を取り入れたベッドルームインテリア活用例

それでは実際に【クッションシート フォームタイル】を使ったベッドルームのインテリアアレンジ活用例をご紹介します。

ベッドルームの壁がシンプルなので、もう少しワンアレンジ加えてベッドルームのインテリアをおしゃれにしたいというAさん。

内装の装飾などでよく使われるエコカラットでアレンジしようとしていましたが、コストがかかるため悩んでいたところ、【クッションシート フォームタイル】に出会い、こちらをベッドルームのインテリアアレンジに取り入れられました。

ベッドルームの広さは8畳。

こちらのベッド頭上の壁の一面に、ラインのように【クッションシート フォームタイル】を3セット分貼りました。

使用されたのはモザイクデザインの【クッションシート フォームタイル】。

※今後の模様替えに備えて、マスキングテープ(上記画像のグレーの部分)の上に【クッションシート フォームタイル】を貼っています。

さあ、ベッドルームがどのように変身したか気になりますよね?

変身後がこちら!

ホワイトの壁にホワイトの【クッションシート フォームタイル】をライン上に貼ってアレンジされました。

Aさんは、ホワイトの上にホワイト地のクッションシートを貼ってどうなるか少し心配だったようですが、クッションシートの立体がインテリアのアクセントになって、落ち着いた雰囲気にピッタリですね♪

【クッションシート フォームタイル】の上下には100均ショップで購入した木材をモールディング(枠)のように取り入れて、アレンジされています。

アクセントパネルのようにお使いになられていますが、このように壁全面ではなく、一部分に貼るだけでもぐっとインテリアがワンランクアップします。

こだわりのインテリアアイテムも【クッションシート フォームタイル】とマッチしています。

ホワイトのシンプルデザインが、ホワイトインテリアやモノトーンインテリアにも取り入れやすく、さりげないアクセントとして使うと、オシャレな仕上がりに。

Aさんはホワイトカラーのモザイクデザインのものを使用されていますが、マーブルブラックやマーブルホワイトなど、大理石風デザインのものを取り入れると、また違った雰囲気のインテリアが楽しめます。

シックな雰囲気のマーブルブラックは、ダークなトーンのカラーで、お部屋全体がシックな落ち着いた雰囲気に。

マーブルホワイトは、上品で開放感のある雰囲気に。

また、マーブルベージュはナチュラル系インテリアにも取り入れやすいので、インテリアのテイストによって好みのデザインのものをセレクトしてみてはいかがでしょうか?

ベッドまわりに【クッションシート フォームタイル】を貼って衝撃防止の安全対策にも

【クッションシート フォームタイル】はお部屋の雰囲気を簡単に変えられるだけでなく、衝撃防止のクッション代わりとして使われる方も増えています。

例えばベッド横の壁に貼ったり、ベッドの角に貼ったりすることでクッション代わりになるので、お子さんが身体や頭をぶつけないように安全対策用のクッションとして取り入れたりすることも出来ます。

ホームセンターなどに売っているクッションフォームは、見た目もイマイチだし、貼るのも面倒だったりしますよね。

でもは見た目もクッションシートには見えないデザインで、シール台紙を剥がすだけですぐ【クッションシート フォームタイル】貼ることが出来るので、上質なベッドルーム作りにはとっても便利!

こだわりのインテリアをより一層素敵に演出してくれますよ♪

【クッションシート フォームタイル】をインテリアに取り入れて高級感をプラス!

壁や天井にウォールステッカーのように簡単に貼ってインテリアのアレンジが楽しめる【クッションシート フォームタイル】。

シールタイプのクッションシートは女性一人でも簡単に作業することが出来るので、インテリアアレンジにもとっても便利なアイテムです。

高密度のクッションシートで出来ているので、壁を日常の衝撃や傷から守ってくれます。

リアルな石材風の見た目で、インテリアに高級感を与えてくれます。

そのため、ベッドルームのアレンジ以外にも様々なスペースのアレンジにもオススメです♪

本物の大理石の石壁や、エコカラットといったインテリア壁材は、コストがかかり【クッションシート フォームタイル】よりもずっと重いため、女性一人で貼るにはとても大変という印象ですが、【クッションシート フォームタイル】は軽量で女性一人でも簡単に壁や家具に貼ることが出来て、低コストでプチリフォームが楽しめちゃいますよ♪

 ブラックマーブルの【クッションシート フォームタイル】を取り入れて、大人の上質なインテリアを演出。

大理石風の高級感のある壁が、お部屋を海外のモダンインテリアのような空間に変身させてくれます。

トレンドのモノトーンインテリアにも取り入れると、高級感をプラスしてくれますね。

壁を傷つけたくないご家庭や、壁の汚れや傷の目隠しにも使えて、トレンドにとらわれないデザインも人気です。

また、壁に直接貼ることが出来ない賃貸住宅の壁や、直接貼りたくないという家具類に貼る場合は、マスキングテープを下地に貼ってその上に貼る、という方法もあります。

※【クッションシート フォームタイル】の詳しい貼り方や、マスキングテープを使った貼り方はこちらをご参照下さい。

お部屋の壁のちょっとしたアクセントに取り入れて

お部屋のインテリアアレンジで余ってしまった【クッションシート フォームタイル】は、ちょっとしたスペースのアレンジに取り入れて、インテリアのアクセントに使ってみるのもオススメです。

こちらは壁の小さなくぼみのスペース。

お気に入りの小物を飾ったり、こだわりいっぱいのスペースです。

このスペースに【クッションシート フォームタイル】を貼ってさりげなくアクセントをプラス。

モザイクタイプの【クッションシート フォームタイル】を貼ると、同じスペースでもぐっと雰囲気が変わりました。

風合いのある石材のような質感が、ナチュラルな雰囲気をプラスしてくれました。

お気に入りのオブジェたちも、ナチュラルな風合いの壁のおかげでさらに映えますね♪

小さなスペースでもアクセントを加えるだけでも印象が随分と変わります!

【クッションシート フォームタイル】で快適空間を簡単に実現♪

【クッションシート フォームタイル】を取り入れたベッドルームのインテリア活用術や実用例をご紹介しましたが、いかがでしたか?

普通の壁紙シートやウォールステッカーと違って、衝撃吸収や防音効果なども兼ね備えている【クッションシート フォームタイル】は、小さなお子さんやペットがいるご家庭から、大人のインテリアを楽しみたい人まで幅広く使うことが出来るインテリアのアレンジアイテムです。

シンプルでシックなデザインは、インテリアに高級感を与え、上品さをプラスしてくれます。

また、多機能なクッションシートで見た目だけでなく実用性も抜群なので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか?

\ SNSでシェアしよう! /

Dream Stickerの注目記事を受け取ろう

クッションシート フォームタイル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dream Stickerの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 《クッションシート フォームタイル》を使った安心安全なプチリフォーム

  • 木のモチーフのウォールステッカーで作るナチュラルインテリア

  • 【新商品】貼ってはがせる!賃貸にも安心なフロアシート!

  • アレンジの参考に<1>アレンジ場所別タイルシールの使用枚数の目安について

  • カフェ風インテリアにオススメ♪貼るだけでOKの黒板ウォールステッカーはいかが?

  • 貼るだけでインテリアをおしゃれに演出♪ブラックカラーのウォールステッカー10選