1. TOP
  2. 新色登場!【クッションシートフォームブリック】ビンテージカラーシリーズのオススメ活用術

新色登場!【クッションシートフォームブリック】ビンテージカラーシリーズのオススメ活用術

本物のレンガのような質感が再現されたクッションシート【クッションシートフォームブリック】。

簡単にレンガ貼りのインテリアを実現することが出来るDIYアイテムとして、SNSでも注目を集めている人気商品です。

これまで【クッションシートフォームブリック】はホワイト、アイボリー、グレー、アンティークブラウンといった、単色の4色展開でしたが、今回新たにビンテージホワイト、ビンテージベージュ、ビンテージブラウン、ビンテージダークブラウン、ビンテージグレー、ビンテージブラックといった、ビンテージカラー6色が加わりました!

リーズナブルな価格で本格的なレンガ貼りのような壁にアレンジが出来る【クッションシートフォームブリック】ですが、新たに登場したビンテージシリーズは、これまでの【クッションシートフォームブリック】をさらにビンテージテイストにデザイン。

これまでのものと比べると、時を経て朽ち欠けた、アンティークレンガのような風合いを再現しています。

人気カラーのホワイトとビンテージホワイトで違いを比較

実際に単色のものとビンテージシリーズはどんな違いがあるのか、気になりますよね。

【クッションシートフォームブリック】の中でも人気のホワイト系のもので比較をしてみましょう。

左:ホワイト/右:ビンテージホワイト

左側のホワイトカラーがクリアな明るめのトーンなのに比べ、右側のビンテージホワイトはうっすらと混じり気のある落ち着いたトーンです。

そのため、ホワイトカラーはナチュラルインテリアなど明るめのインテリアに取り入れやすかったですが、ビンテージホワイトは落ち着きのあるシックなトーンなので、今トレンドの男前インテリアやブルックリンインテリアといった渋めのインテリアにも取り入れやすい質感になっているんです。

その他の似たカラーの色の違いは、以下をご覧ください。

今回は、【クッションシートフォームブリック】ビンテージシリーズのご紹介と、ビンテージシリーズを使ったオススメのインテリアアレンジ活用術をご紹介いたします。

男前インテリアにオススメ!【クッションシートフォームブリック】にビンテージカラーが登場

朽ちたようなレンガの風合いがそのまま再現された【クッションシートフォームブリック】。

見た目は本物のレンガのような硬い質感を再現していますが、高品質のポリエチレン素材で出来ているため、触るとふわふわの柔らかいクッション素材なんです。

そのため、ハサミやカッターで簡単にカット出来るので、DIY初心者の方や女性でも簡単に空いたスペースのアレンジが楽しめます。

約1cmの適度な厚みがあり、中は高密度の気泡が詰まっているため、クッション性も抜群です。

そして壁紙シートやリメイクシートのように、シール状になっているので、シール台紙を剥がして貼るだけでOK!

壁の気になる汚れや傷の目隠しに、小さいお子さんやペットのいるご家庭では衝撃吸収の安全対策としてもオススメです。

また、汚れたら拭くだけでOKなのでお手入れもとても簡単。

キッチンやリビング、玄関など汚れが気になるお部屋の壁のアレンジにも最適です。

家だけでなく、店舗の壁にもお使いいただけるので、低コストでお店のイメージを変えたい、という方にもオススメです♪

表面はデザインに合わせて凹凸や溝が再現されているので、見た目はリアルなレンガの風合いを演出してくれます。

これまでは単色の4色展開で、ナチュラルインテリアや北欧インテリアといったシンプルなテイストのインテリアに取り入れやすかった【クッションシートフォームブリック】ですが、新色のビンテージシリーズは、渋めのインテリアにも取り入れやすいヴィンテージテイストのカラーが揃っています。

◆ビンテージホワイト

【クッションシートフォームブリック】の中でも人気のホワイトカラー。

ナチュラル系のテイストなどによく使われていたホワイトカラーですが、ビンテージホワイトはホワイトカラーが朽ちたような風合いをプラスして、ビンテージ風の質感を演出しました。

年月によって自然に朽ちたようなレンガ壁の風合いを再現しています。

ベースはホワイトなので、インテリアに取り入れても明るい印象に仕上がります。

子供部屋やリビングの壁に取り入れると、開放感があるきれいなお部屋になりますね。

ポップなカラーのインテリアアイテムとも相性抜群です。

◆ビンテージベージュ

うっすらとしたベージュの風合いがデザインされたビンテージベージュは、落ち着いた印象を与えてくれるカラー。

表面の凹凸に合わせて、ベージュカラーのレンガが朽ち欠けたような質感がとてもリアルに再現されています。

ベージュにホワイトがミックスしたような質感で、こちらも明るめの印象を与えてくれます。

ヴィンテージテイストのインテリアに取り入れると、自然な風合いがとてもオシャレですね。

キッチンカウンター下のスペースに貼って、外国のバールのようなこなれ感のあるインテリアに変身します。

クッションシートなので、カウンター下に貼って安全対策にも使うことが出来ますよ♪

◆ビンテージブラウン

【クッションシートフォームブリック】のビンテージシリーズの中でもリアルなレンガの風合いを感じさせてくれるのがビンテージブラウンです。

海外インテリアでよく目にするアンティークレンガのようなデザインで、インテリアが一気にアンティークな雰囲気に変身します。

カフェ風インテリアやブルックリンインテリアに取り入れて、海外のカフェにいるような異空間を演出してくれます。

明るめのトーンのブラウンなので、渋めのインテリアより優しい印象のインテリアに仕上がるため、ナチュラルテイストのインテリアなどでも使いやすいカラーです。

◆ビンテージダークブラウン

ビンテージブラウンよりさらに濃いブラウンがミックスしたようなカラーのビンテージダークブラウン。

渋めの印象で、今人気の男前インテリアにマッチするこっくりしたカラーがお部屋に落ち着きをプラスしてくれます。

ダークブラウンのブリックレンガにホワイトやベージュのカラーがミックスしたようなデザインなので、渋めのカラーですが暗くなりすぎず、シックな印象を与えてくれます。

ブルックリンインテリアや男前インテリアなど渋めのテイストのインテリアにはぜひ取り入れたいカラーです。

深みのあるダークブラウンのビンテージライクなデザインは、男女問わず幅広い層にも使いやすいデザインですね。

◆ビンテージグレー

通常のグレーカラーより少し濃いめでホワイトのカラーが石目のようにミックスされたビンテージグレーは、北欧インテリアやモダンインテリアにもマッチするカラー。

デザイン性のあるインテリアアイテムやポップなデザインのインテリアアイテムにも合うので、実はアレンジにも使いやすいデザインなんです。

淡いグレーのカラーがミックスしたようなデザインのビンテージグレーは、インダストリアルインテリアと相性がよく、スチールやブリキのアイテムを飾るととってもオシャレに。

海外アーティストのアトリエ風のオシャレなお部屋が実現します♪

◆ビンテージブラック

ブラックのカラーがシックなビンテージブラックは、落ち着きのある上品なインテリアにぴったりな大人っぽいカラーです。

石目のタイルシールよりも無骨なテイストをプラスしてくれるので、男前インテリアやブルックリンインテリアもきれいめな雰囲気に仕上がります。

洗面スペースやベッドルームなど、リラックスしたい空間の壁のアレンジに使うと、ラグジュアリーな印象のインテリアに。

ブリックレンガのデザインが渋めなテイストをプラスしてくれますね。

【クッションシートフォームブリック】ビンテージシリーズをインテリアのテイストで使い分けて

ブルックリンインテリア、男前インテリア、アメリカンテイストのインテリアなど、渋めのインテリアに取り入れたい【クッションシートフォームブリック】ビンテージシリーズ。

これまで展開されていた単色カラーの【クッションシートフォームブリック】は、ナチュラルインテリアや北欧インテリアなど、優しい印象のインテリアに取り入れられることが多かったですが、新たに登場したビンテージシリーズは、ブリックレンガが長年の年月を経て朽ち欠けたような風合いをデザインしているので、落ち着きのあるインテリアにもぴったりです。

また、カラーによってもインテリアのテイストで使い分けることも出来るので、幅広いテイストのインテリアのアレンジが楽しめますよ♪

店舗の壁のアレンジにも使うことが出来るので、カフェや飲食店などの内装アレンジにもオススメなんです。

【ビンテージシリーズ活用術その1】ブルックリンインテリアで風合いを演出

トレンドのブルックリンインテリアを演出するレンガ貼りの壁は憧れですよね。

そんなブルックリンインテリアを素敵に演出してくれるのが、ビンテージブラックの【クッションシートフォームブリック】。

6帖程度の短めの壁の一面(幅約300cm×高さ約120cm)に貼ると、12枚程のクッションシートでアレンジが楽しめます。

古びたようなブラックのブリックレンガの質感が、インテリアにこなれ感をプラスしてくれます。

ブルックリンインテリアに欠かせないブラックの黒板風ボードとの相性もぴったりですね。

【ビンテージシリーズ活用術その2】ベッドルームの壁を外国風にアレンジ

ベッドルームの壁にビンテージベージュの【クッションシートフォームブリック】を取り入れて、海外のインテリアのような落ち着いた雰囲気のキッチンに変身♪

石壁のようなブリックタイルの風合いが、ナチュラルなテイストも演出してくれます。

幅200cm×高さ90cmほどのスペースだとクッションシート6枚でアレンジが可能。

こちらは窓の高さに合わせて腰壁のように【クッションシートフォームブリック】を貼り、ベッドを置いていて見えない壁の部分にはクッションシートは貼っていません。

リラックススペースにぴったりな優雅な雰囲気のベッドルームに変身させることが出来ました。

【ビンテージシリーズ活用術その3】ビンテージブラックでシックな大人の上質インテリアに

キッチンカウンターの一角にビンテージブラックの【クッションシートフォームブリック】を取り入れてシックな空間を演出。

ビンテージホワイトの【クッションシートフォームブリック】と組み合わせることで、メリハリのある上品な空間に仕上がっていますね。

【クッションシートフォームブリック】は汚れたら拭くだけでOKなのでお手入れもとっても簡単です♪

モノトーンインテリアにもうワンプラスしたい時など、ビンテージシリーズを取り入れると、インテリアのアクセントにもなるので、ワンランク上のインテリアに仕上がります♪

ブラックとホワイトのモノトーンカラーが、オシャレでモダンなインテリアを演出してくれます。

※【クッションシートフォームブリック】は耐熱加工がされておらず、コンロまわりなどの高熱が伝わる部分にご使用されると、熱で溶けて剥がれてしまう危険があるため、お使いいただけません。

火災等の予防のため、絶対にご使用にならないでください。

◆コンロまわりに使えるアレンジアイテムはこちら

コンロまわりをレンガ風にアレンジしたい!→アルミニウムイラストレーションシート

モザイクタイルシールでモダンにアレンジしたい!→ブリックタイルシール

【ビンテージシリーズ活用術その4】ブリックタイルを組み合わせてアクセントに


【クッションシートフォームブリック】はハサミやカッターでカットすることが出来るので、使いたい大きさに合わせてカットしたり、フォームブリックをくり抜いたりすることも出来ます。

1枚のブロックの大きさは約19.2cm×6.8cm。

すべての【クッションシートフォームブリック】のブロックの大きさは共通なので、クッションシートのブロックをくり抜いて、他のカラーのブロックを組み合わせたりすることも出来ます。

組み合わせたいブロックのサイズに合わせて、クッションシートのブロックをカット。

くり抜いたところに、同じ大きさでカットした他のカラーのブロックを組み合わせます。

貼る時は、先にベースカラーとなるクッションシートを貼り、貼り終えたらくり抜いた他のカラーのブロックを形に合わせて貼り合わせます。

貼り終えたら、ベースカラーのクッションシートに馴染むように、しっかりと押えます。

すると、仕上がりもとっても自然。

一面に単色の【クッションシートフォームブリック】を貼ってもオシャレですが、他のカラーのものを組み合わせることで、インテリアのアクセントにもなり、海外のインテリアでよく見かける、ミックスカラーのレンガ壁のようなオシャレな演出が出来ます。

ビンテージシリーズの【クッションシートフォームブリック】を組み合わせて、好みのデザインに仕上げるのも楽しいですよね♪

【クッションシートフォームブリック】ビンテージシリーズでワンランク上のインテリアを実現

【クッションシートフォームブリック】から登場した新色、ビンテージカラーシリーズのオススメ活用術をご紹介しました。

これまでの単色シリーズよりもさらにヴィンテージ感のある風合いをプラスし、さらにリアルにアンティークレンガのような質感を再現した【クッションシートフォームブリック】のビンテージシリーズ。

トレンドの男前インテリアやブルックリンインテリアといった、少し渋めの落ち着きのある上質なインテリアにも取り入れやすいデザインや風合いで、さらにインテリアのプチリフォームを楽しんでいただけます。

単色シリーズのものと組み合わせたり、ビンテージシリーズ同士で組み合わせたり、ブリックレンガのデザインならではのアレンジの楽しみ方も出来ますよ♪

低コストで本格的なインテリアのアレンジが楽しめる【クッションシートフォームブリック】。

お部屋の壁がブリックレンガ風のオシャレなレンガ貼りの壁に簡単に変身する【クッションシートフォームブリック】を取り入れて、トレンドのインテリアにアレンジしてみてはいかがですか?

【クッションシートフォームブリック】が気になる方は、Dream Stickerのサイトをチェック!

\ SNSでシェアしよう! /

Dream Stickerの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dream Stickerの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 新商品!【クッションシートフォームサブウェイタイル】の基本的な貼り方をご紹介

  • 【おすすめアイテム&実用例もご紹介】原状回復OK!賃貸のお部屋を自分好みのインテリアに♪

  • 木のモチーフのウォールステッカーで作るナチュラルインテリア

  • 簡単!アルミニウムキッチンシートでオシャレにセルフリフォームしよう♪

  • アレンジの参考に<2>場所別クッションシートの使用枚数の目安について

  • 【ランタンタイルシールMUSE】を使ってかんたん小物リメイク♪